プリンタインクの補充の仕方

プリンタインクは会社や自宅など、プリンタが置いてある場所ではよく使う物であり、また使う頻度が高ければ高いほどプリンタインクの減りも早く、補充の機会も多くなる。会社では書類の作成やポスター作成、などよく活躍をしている。私が新人社員の頃はプリンタインクの補充もままならず、よく先輩社員の方にやり方を教わっていた。その甲斐もあってか、自宅で使い際も手際よくプリンタインクの補充もできるようになり、特に年賀状の時期は大活躍である。いつも補充の度不便に思うのは、プリンタインクは色々なカラーがあり、どのカラーの残量がどれだけあるかが、ぱっと見ただけだと非常にわかりづらい点が難である。例えば、あと何パーセントの残量があるかなどわかりやすい表示があればより使い勝手がよくなるのではないかと、使用の際に思う。あと、交換の際にはそれぞれの補充の部分にラランプが点灯するなどの機能があればよりありがたい。

そして、プリンタインクは決して価格も安くなく、コストが非常に高い。いつも自宅で使う際は、電気店で購入することがお決まりであるが、これからはインターネットで価格を調べてなるべく安く購入する方法も考えていきたいと思う。写真をプリントする機会が特に多く、一時手間を省いて、カメラ屋でプリントをした事があるが、枚数も多くかなりの価格になってしまった為それ以来は悪戦苦闘しつつも、自宅でプリントする事にした。他には、お店などのクーポンをプリントする事にも使用する。一番インクを消耗する時は、年賀状である。送る人によってデザインを変えたり、鮮やかな色も多く枚数も多いので毎年頭を抱えているが、プリンタは我が家では活用する機会が多く、今となっては生活に欠かせない物となっている。仕事でも自宅でも役立ち、使う頻度がかなり高いので、これからはプリンタインクの値段がよりもっとお手頃価格になる事を願いたい。使えば使うほど、どんどん欲が出てきて、綺麗にプリントしたい、長持ちするプリントがしたいとこだわりも出てきた。また、インクもカートリッジ式の物を使用しているが、補充液という物がある事も最近知り、いずれはそちらも使用してみたいと思っている。

簡単に、安く、できれば交換の際に手が汚れないでできるとより嬉しい。種類も様々あるようなので、いつも同じ物を使っているが、これからは他の物も使い出来栄えを比較してみたいと思った。補充は、簡単に誰でもできることが素晴らしい。

コメントを残す

2013年2月1日

Leave a Comment