プリンタインクは定期的に交換するのが良いのです

パソコンが普及した現代において、一家に1台の割合でパソコンが普及されているとも言われていますが、パソコンが普及したのは、インターネットを利用したいと思う人が多くなった事や、パソコンの価格が安くなった事などが挙げられます。僅か数年の間で、インターネットもダイヤルアップからADSLになり、今は光によるインターネットが主流になっており、自宅に居ながらも様ざまなウェブサイトに訪問したり、動画を楽しむ事が可能になっているのです。パソコンと同様に普及したと言えるのがプリンターではないでしょうか。プリンターとパソコンがあれば、家庭でも印刷を可能にしますし、年賀状などを制作する場合も、態々印刷を依頼しなくても済むわけです。また、写真が好きな人などは、自分で撮影を行った写真を、プリンターで印刷をして、飾ったり、額に入れて人にプレゼントをしたりと色々な楽しみ方が出来ます。最も多くの人が利用しているプリンターはインクジェット方式のプリンターであり、インクジェット方式のプリンターには3色や5色などのインクが必要になります。インクも消耗品となりますので、1年に1度の割合で購入する事になるのですが、このプリンタインクというものが曲者なのです。何故ならば、同時にプリンタインクを交換しても、バランスよくインクが減らないわけです。従来のプリンタインクは、1色でも無くなると使い物にならなくなった時代がありますが、今は1色が無くなれば、その色だけを交換すれば良いので便利ではありますが、1色だけ減ると、そのインクだけを交換して利用しなくてはなりません。そのため、セットで購入をするのではなく、必要な色だけを購入して利用する事になるのですが、プリンタインクというものは、メーカーの推奨では1年の中で使い切るのが良いとされていますので、この推奨を守るのであれば、残っているインクは廃棄となるのです。但し、これはあくまでも推奨であり、実際2年以上そのままの状態で利用して問題が起きない場合もあります。しかし、長い期間そのままの状態で利用していると、目詰まりが起きたりするので、あまり良いとは言い切れない部分はあるのです。そのため、プリンタのインクは、数色が残ってしまっても、綺麗に印刷をしたい場合や、プリンターの事を考えた場合は、定期的に交換をしてあげた方が良いのです。因みに、プリンタインクに純正以外のインクを利用して故障をすると修理代が高く付くので注意が必要だと言います。

2013年12月26日