互換タイプと純正タイプのプリンタインク

プリンタインクは、プリンターの価格からしてみると実に高いといえます。しかし、インクが無ければ印刷を行えませんので、高いと言っても、プリンタインクが無くなれば購入する事になるのです。最近のプリンターの価格は実に安いといえます。数千円で購入可能な商品もあります。また、このような安いプリンターでも綺麗な印字を可能としますし、写真専用の用紙を使えば、画質の良い写真が印刷が出来るのです。この数千円で購入出来るプリンターに利用されているプリンタインクが4色であれば、プリンタインクは1本あたり1000円程度しますから、場合によってはインクを購入するよりもプリンターを購入した方が安いという事もあるのです。しかし、利用出来るプリンターを廃棄するわけにはいきませんから、インク代が高くても購入して利用していきたいものです。

因みに、プリンタのインクには、メーカーが純正として販売しているものと、互換タイプと呼ばれるインクがあります。互換タイプのインクは、安くてとても便利なインクとしてインターネットの中にある色々なお店で手に入れる事が可能です。しかし、プリンターメーカーでは、純正タイプのインクを利用する事を推奨しています。これは、プリンターメーカーがインクの販売益で利益を出すという目的と、故障が起きた場合の保証が無いからなのです。仮に、プリンターが保障期間の中で故障をしたとします。保障期間の中で起きた故障は、無償修理が行われますので、修理費用が掛かりません。しかし、互換タイプのインクを利用している時に故障が起きると、これは有償修理に切り替わってしまうのです。そのため、インクはなるべく純正タイプのプリンタインクを利用している事がお勧めです。勿論、故障が起きなければ互換タイプのインクの方が安いわけですから、ランニングコストを考えればこちらの方がお得です。プリンターのインクは、熱に弱いと言います。特に夏場などの暑い時期は、熱によりインクが劣化すると言います。これは乾燥をしてしまう事でインクが固まりやすくなると言うことなのですが、暫く利用していない時などは、カートリッジを本体から取り外し、軽く振ってから利用すると良いと言います。

しかしながら、あまりにも長期間利用していない状態にしておきますと、プリンター内部のノズルなどが詰る事もあり、これが原因で故障が起きる事もありますので、定期的に印刷を行うように心がける事も大切なのです。

コメントを残す

2013年2月1日

Leave a Comment