格安のプリンタインクに切り替える経営者のメリット

ビジネスでプリンターを使用する毎に消費されるプリンタインク。モノクロ1枚に数円のコストがかかるため、1日に1万枚以上の印刷を毎日し続けると、企業には大きなコストになってしまいますが、このコストを少しでも削減する方法があります。その方法はとても簡単です。プリンタインクを業界で最も安い業者から仕入れるだけです。インターネットのウェブサイトの中には、プリンタインクを最も安く取り扱っている業者を比較する、ランキング形式のサイトがあります。そのようなサイトを閲覧し、最も安くプリンタインクを取り扱っている会社からインクを購入することで、年間にして大きな費用節約効果をもたらすことができます。プリンターを利用する人は毎日会社の中に多くいます。一枚一枚のコストが低いため、気兼ねなく利用する従業員の方が多くいるのです。

しかし、そのコストを支払うのは経営者自身です。その事実に気づいている賢い経営者は、早い段階からプリンタインクの節約に取り組んでいます。今まで使っていたインク代よりも2割安いインクを発見した賢い経営者は、一も二もなくインクをそちらの安い方に切り替えているのです。たった二割かもしれませんが、その二割が一年という歳月を経ることで、大きな費用節約になるのです。経営者の利益は、売上から経費を引いた数字で決まります。つまり、インクの経費を削減すればするほど、経営者には大きな利益が戻ってくるのです。今まで一度もインク代を見直した経験がないのならば、一度見直すことをオススメします。普段使っているインク代を確認したら、早速インターネットで公開されてる比較サイトを閲覧してください。数多く存在するインクの中で最も安いインクの代金が、現在使っているインク代と比べてどれくらい安いのかが、一目瞭然になります。その差額が、経営者の利益アップにつながります。差額が大きければ大きいほど、インクをこちらの安い方に切り替えるだけで、収入増加になるのです。通常、経営者が年収を上げようと考えた場合、今以上に大きな営業努力をこなす必要があります。

しかし、今回の場合では、インクを安いものと交換するだけですみます。たったそれだけの作業で収入アップにつながることに気づいているのならば、今すぐに行動を開始することをおすすめします。その行動が、経費削減につながり、ひいては年収アップにもなります。インクの交換だけならば誰でもできるので、今日からでも年収アップになること請け合いです。

コメントを残す

2013年2月1日

Leave a Comment