社外製のプリンタインクと純正のプリンタインク

プリンタインクには、メーカー純正のものと、別の会社で作られたものがあります。社外製インクは安い反面、プリンターに与える影響も考えると、トータルではそれほどお得ではないといえます。それは、インクの漏れやノズルの詰まり、色合いの変化、インク自体が使えないなどのトラブルが発生することがあるのです。その修理代を考えると、同様のプリンターが買えるほどの金額になる場合もあります。こんなことからやはりプリンタインクは純正のインクを勧めたいと思います。純正インクは高いと言われますが、社外製インクを使って故障したときのことを考えると、必ずしも高いとは言えないのです。例えば、安い社外製インクを使用してインク漏れが発生したとします。プリンターを置いていた机はもちろん、床までもインクで汚れてしまったとしたら、クリーニングに要する手間や時間、カーペットなどは買いなおすことを考えると、大きな損害にもなりかねないのです。

社外製インクに不純物が入っていて、印字ヘッドのノズルが詰まってしまった場合も、印字ヘッドを交換しなくてはいけない修理が必要になってしまいます。プリンターの部品では印字ヘッドの値段が非常に高く、安売りで買った本体が買えるほどの値段が設定されていることもあります。修理代には基本料や技術料など部品代だけでないお金も必要になる為、買い換えた方が安いと言う場合も出てきます。このようなことを考えると、インク代を安くする為に、社外製インクを使用した場合、大きなリスクがあることを覚えていて欲しいのです。他の考え方として、最近あるメーカーのインクジェットプリンターのことをCMで見ることがありますが、コスト改善になるそうです。でも実際はどうなのでしょうか。多くの企業を訪問していますが、やはり感覚的にはプリンタインクの価格は高い印象があるようです。実際に計算してみてもCMでやってるほどコストが下がる計算にはなりにくく、様々な条件が整わないといけないのではないかと感じました。このようにプリンタインクには社外製と純正の2種類あります。当然メーカーは純正をお勧めしていますが、値段だけではない品質でカバーできる良いことが沢山あります。

コストが改善できる場合もあるかもしれません。仕事で使用するプリンタインクを社外製にしようか考えている方には、どのようなリスクが伴うのか、それでも良いのかを考えた上で検討をするようにして欲しいものです。

コメントを残す

2013年2月1日

Leave a Comment